足痩せするための食事【塩分を控えて、カリウムを摂る】

「足痩せするための食事って何かあるの?」

そんな疑問をお持ちの方に向けた記事です。

足が太い原因の一つは「むくみ」です。

そのむくみの原因の多くは「塩分」です。

塩分を摂る量が多いと、体が水を蓄えて(特に足が)むくみます。

体の塩分を排出してくれるのが「カリウム」です。

足痩せするための食事【塩分を控えて、カリウムを摂る】

先日、こんなツイートをしました。

【足痩せにカリウムがオススメ】

カリウムはナトリウム(塩分)排出を促し、
足のむくみ改善に効果あり✨

〈1日の目安〉
女性2,000mg
男性2,500mg

✔︎アボカド1個(200g):720mg
✔︎バナナ1本(200g):350mg
✔︎いちご1粒(15g):170mg
✔︎ミックスナッツ25g;約170mg
✔︎ほうれん草半株20g:140mg

塩分(ナトリウム)は、腎臓のろ過装置で、再吸収されます。

カリウムは、塩分(ナトリウム)の再吸収を減らしてくれるため、むくみの解消に繋がるのです。

塩分を多く摂ると“むくむ”理由

足

ツイートの画像にある通り、塩分が多いと体液が濃くなります。

通常よりも濃くなった体液を薄めようとして、体が水分を溜め込もうとします。

水は、重力に従って「下の方」に溜まるので、足がむくむのです。

水を飲む水着を着た外国人女性

また、よく「水分の摂り過ぎでむくむ」と言われますが、多くは塩分の摂り過ぎが原因です。

むくみの原因につながるのは、塩分の摂りすぎ。

実は、塩分には水分を引き寄せる性質があります。

そのため食事で塩分を摂りすぎると、細胞と細胞の間の水分量が増えてむくみが発生してしまいます。

どのくらいの量の塩分摂取なら問題ないかといえば、女性の場合の目標値は1日7g未満。

引用元:足の「むくみ」は塩分のとりすぎが原因?すぐできる現袁逢で目指せスッキリ美人/テレビドガッチ

関連記事:足のむくみを解消する方法まとめ!食事、運動、入浴、睡眠で改善!

塩分の多い食材一覧

食塩

塩分は1日7g未満に抑えましょう。

塩分を抑えることで、足のむくみ解消に繋がります。

2012年時点での日本の成人1日あたりの食塩平均摂取量は、男性で11.3グラム、女性で9.6グラムと発表されています。

引用元:1日5グラムが世界基準、日本人まだ塩分取り過ぎ

食材 塩分量
塩鮭(1食分) 5.9g
うどん(1杯) 5.5g
ラーメン(1杯) 5.0g
カレーライス(1食分) 4.0g
牛丼(1杯) 3.0g
魚肉ソーセージ(1本) 1.8g
味噌汁(1杯) 1.3g
食パン(6枚切り1枚) 0.8g
ロールパン(1個30g) 0.4g
ちくわ(1本25g) 0.6g
ハム(1枚13g) 0.3g
白米(1杯) 0.0g

ラーメンやうどんなどの麺類は、麺にもスープにも塩分が多いです。

ちくわ

また、ソーセージなどの加工食品や、意外にも「ちくわ」などの練り物にも塩分は多いです。

安価でタンパク質が摂れるからと言って、多用は注意です。

関連記事:タンパク質だけじゃなく塩分にも気を付けて【プロテインが最強】

まとめ

・足がむくむ原因の多くは「塩分」
・カリウムは塩分を排出し、むくみを減らす
・カリウムは1日女性2,000mg、男性2,500mg
・塩分は1日7g未満が理想

ラーメンやうどん、また飲み会の後など、塩分を多く摂った次の日は、カリウムを積極的に摂るようにしましょう。