お腹のくびれを作りたい【ツイスト腹筋をしましょう】

「お腹をくびれさせたい!」という方に向けた記事です。

「お腹をくびれさせる」には、「ツイスト腹筋」が有効です。

お腹をくびれさせるために、なぜツイスト腹筋が有効なのかを解説します。

お腹をくびれを作りたい【ツイスト腹筋をしましょう】

先日、こんなツイートをしました。

【お腹のくびれを作るには?】

普通の腹筋だけではダメです

普通の腹筋では「腹直筋(ふくちょくきん)」
という正面の筋肉しか鍛わりません。

くびれを作るには、
写真のようなツイスト腹筋で

☑外腹斜筋(がいふくしゃきん)
☑内腹斜筋(ないふくしゃきん)

を鍛えましょう

普通の腹筋だけでは、お腹の正面が鍛わるだけです。

くびれを作るには、横っ腹の筋肉も鍛えましょう。

そのためには、外腹斜筋(がいふくしゃきん)と内腹斜筋(ないふくしゃきん)が必要です。

ツイスト腹筋をやるべき理由

ツイスト腹筋をやるべき理由には、筋肉がついている場所が関係します。

  • お腹の正面:腹直筋(ふくちょくきん)
  • 脇腹:外腹斜筋(がいふくしゃきん)
  • 横腹:内腹斜筋(ないふくしゃきん)
  • お腹の奥:腹横筋(ふくおうきん)

単純な腹筋をしていても、正面の筋肉がつくだけです。

当然、シックスパックにはなります。

ですが、くびれを作ることはできません。

くびれを作るには「ツイスト腹筋」をして、脇腹と横腹を鍛える必要があります。

ツイスト腹筋のやり方

ツイスト腹筋

5132824によるPixabayからの画像

ツイスト腹筋のやり方は簡単です。

上の画像のように、(反対側同士の)ヒジとヒザをくっつけるだけです。

右ひじを左ひざに。

左ひじを右ひざに。

お腹部分を捻るように腹筋することで、脇腹と横腹の筋肉が鍛えられ、くびれを作りだすことができます。

最後に動画も貼っておきます。

まとめ

・お腹のくびれを作るには、脇腹と横腹を鍛える
・横腹と脇腹は「ツイスト腹筋」が有効

普通の腹筋に加えて、ツイスト腹筋をして、くびれたお腹を手に入れましょう!