そもそも体力(持久力)とは?「酸素摂取量」が指標(目安)です

リハビリスタッフのみなさんは、患者さんやご家族に対して「体力が無いので・・・」とか「体力をつけるために運動を・・・」とか言っていませんか?

じゃあ質問です。

「そもそも体力って何ですか?」
「そもそも持久力って何ですか?」
「体力が有るとか無いとかは、何を基準に決めつけてるのですか?」

これ、聞かれてドキッとしませんか?

「体力ってなんなの?」の質問に、答えられないリハビリスタッフ(医療従事者)は非常に多いです。

お答えします。

体力の“有るか無いか”を決めるのは「酸素摂取量」です。

もっと言えば「いかに酸素を取り込んで、いかに筋肉まで酸素を運ぶことができるか」が「体力の指標」になります。

聴けば納得なのに、こんな簡単な答えを、ほとんどの人は知らないんです。

とはいえ私も、臨床で5年以上経ってから知ったのですが。

体力とは「酸素摂取量」の多さ

体力とは「酸素摂取量」の多さです。

もっと言うと、「酸素をいかに筋肉に送り届けることができるかどうか」です。

みなさんは「ワッサーマンの歯車」をご存知でしょうか。


引用元:Wassermanの歯車 (jst.go.jp)

「筋肉」「心臓」「肺」が酸素と二酸化炭素を運んでいます。

「筋肉」「心臓」「肺」の、どこが悪くても「体力」は低下します。

・「肺」が悪ければ、酸素を取り込めないので体力が落ちる。

・「心臓」が悪ければ、酸素を循環させられないので体力が落ちる。

・「筋肉」が無ければ、酸素を使ってATP(細胞を動かすエネルギー)を作り出せないので体力が落ちる。

という事です。

体力とは「いかに酸素を筋肉まで運ぶか」。

そして「酸素を使ってエネルギーを作り出せるか」です。

体力を向上させるリハビリについて

ワッサーマンの歯車は理解できましたか?

では、体力を向上させるリハビリは何があるのか。

リハビリで心臓は強くはできません。

でも、リハビリ(運動)で不整脈を減らすことはできます。

リハビリで肺は強くできません。

でも、リハビリで呼吸方法を指導することはできます。

リハビリで筋肉・・・強くできます。

有酸素運動と無酸素運動(レジスタンス運動)を行いましょう。

体力を付けるということは「いかに酸素を循環させるか」です。

「心臓」「肺」「筋肉」の全てが大事です。

この事実を知ってリハビリするのと、知らずに「世間一般的な考え」でリハビリするのでは、大違いです。