【朗報】水だけでもスキンケアになります【軟水を飲みましょう】

2020年10月9日

美容のために大切なのは水分です。

水分は1日1.7L必要です。

そして、美容のためには「軟水」が良いです。

水だけでもスキンケアになります【軟水を飲みましょう】

ミネラルウォーター
美容のための水分補給は「軟水」がオススメです。

軟水のミネラルバランスは人体のミネラルバランスに近いと言われています。

飲むだけでなくシャンプーや洗顔にも軟水がおすすめです。

引用元:軟水と硬水の美容効果/HOT PEPPER Beauty

反対に「硬水」はミネラルが豊富に含まれているため、便通を良くする効果があります。

マグネシウムには便の水分量を増やし、便を柔らかくする働きがある

引用元:硬いお水で便がやわらかくなる? 「便秘」で困ったら硬水を。

便通が良くなり、腸内環境が改善すれば、ダイエット効果もあります。

関連記事:腸内環境を整えるを整えるメリット【簡単に4つ紹介します】

市販されているミネラルウォーターには「軟水」~「硬水」まで、様々な種類の水があります。

「軟水」と「硬水」の違いは、WHO(世界保健機関)によって、「マグネシウム(Mg)」と「炭酸カルシウム(CaCO3)」の含有量の違いで分けられています。

水の硬度を算出する式は少し複雑です。

硬度=(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4)

引用元:ebian(エビアン) ミネラル量と水の高度、軟水と硬水の違い

  • 軟水:0mg/L~60mg/L
  • 中程度の軟水:60mg/L~120mg/L
  • 硬水:120mg/L~180mg/L
  • 超硬水:180mg/L~

ですが、最近では成分表示に「軟水」か「硬水」かが記載されているため、自分で計算する必要はありません。

美容のためには「常温水」か「白湯」が良い

ミネラルウォーター 外国人女性

美容のためには「冷水」ではなく「常温水」か「白湯」がオススメです。

水分補給をすること自体が、肌に内側から潤いを与え、美容に繋がります。

ですが、あまり「冷水」を飲み過ぎると内臓を冷やしてしまい、代謝が落ちてしまいます。

美容のためには、代謝を高めて肌のターンオーバーを促すことも大切です。

水 女性

「常温水」であれば、内臓が冷えて代謝が下がってしまうことを防いでくれます。

また「白湯」を飲めば内臓が温まり、常温水よりも更に代謝を高める効果が期待できます。

白湯の作り方は簡単です。

水を沸騰させ、人肌くらいに冷ましましょう。

水道水ではなく、ミネラルウォーターで作るのがベストです!

200cc程度の水をこまめに摂ること

コップ 水

美容のためには200cc程度の常温水をこまめに摂ることが大切です。

お水の1日の目安摂取量は1.7Lです。

関連記事:【朗報】ダイエットも美容も水だけで解決【1日1.7L飲みましょう】

一度に1.7Lの水分補給はまず無理ですが、500mlくらいの水を一度に飲んでしまうのも好ましくありません。

これは、水をろ過している腎臓に負担をかけてしまうからです。

そのため、一度の水分補給は200ml程度にしましょう。

まとめ

  • 美容のための水分補給は「軟水」がオススメ
  • 「冷水」ではなく「常温水」か「白湯」
  • 200mlの量をこまめに補給する

美容のためにはお水はとても大切です。

つい、ジュースやコーヒー、冷たい水を飲んでいしまっている方も多いと思います。

普段飲んでいる物をジュースやコーヒーからお水に替えてみましょう。

きっと、肌質改善や脂肪燃焼にありますよ!