朝のスキンケアは夜より大切!洗顔・保湿の時短術

2019年9月8日

夜のスキンケアは、日中肌に受けたダメージ修復して補うことが目的です。
朝のスキンケアは、これから受ける刺激に対して肌を守るためのものです。

特に、朝の肌は紫外線の刺激を受けやすくなっています。
なぜかというと、起床直前に、コルチゾールというメラニンを生成する細胞
「メラノサイト」が活性化しているため。

つまり朝は、しっかりと、紫外線やほこり、排気ガスなどから、
お肌を守るためのケアが大切になります。

洗顔で必要な皮脂を落とさない

外国人 女性 目覚め

朝の洗顔では、寝具のほこりやダニ、
分泌された皮脂を落とす必要があります。

ただし、朝のスキンケアでは、
必要な皮脂を落とし過ぎないこと
がポイントになります。

朝の洗顔で皮脂を落とし過ぎて、
お肌が乾燥してしまうと、
日中のダメージを受けやすくなります。

次の項で、肌タイプ別での洗顔方法をお伝えします。

肌のタイプに合わせた洗顔をする

頬に指をあてる女性

乾燥肌タイプの人

洗顔料を使わずにぬるま湯で洗顔しましょう。

普通肌タイプの人

Tゾーンは洗顔料を使い、
Uゾーンは乾燥しやすいためぬるま湯を使う、
など、
部分的に洗顔方法を分けるのが良いでしょう。

混合肌タイプの人

普通肌タイプと同様に、
皮脂の出やすい部分には洗顔料をつけ、
乾燥しやすい部分はぬるま湯のみにする、
など、部分によって使い分けましょう。

脂性肌タイプの人

顔全体に、しっかりと洗顔料を使いましょう。

全タイプに共通して

洗顔する際、
熱いお湯だと皮脂が流されすぎて乾燥を招き、
冷たい水だと毛穴が閉じてしまい、
その後の化粧水などが浸透しにくくなります

そのため、ぬるま湯(冷たく感じない水)を使いましょう。

洗顔後の拭き取りは、
タオルでゴシゴシとせず、
手にのせたタオルに顔を近づけていくように拭き取りましょう

洗顔後はすぐに化粧水で保湿をする

POINTの文字

洗顔後はすぐに化粧水や美容液で保湿します。

朝の肌ケアでの保湿では、
日中に浴びる紫外線やほこり、排気ガスなどから
肌を守るバリアを作ることが大切です。

肌バリアは、角質層・皮脂膜を潤すことが重要です。
そのため、洗顔後の丁寧な保湿はとても大切になります。

化粧水が浸透しにくい場合や、
口元、目元の小ジワが気になる場合には、
化粧水や美容液を付ける前に、
ブースターオイルが使ってみましょう

3~5滴を目安につけましょう。
※あまり大量に使うと、化粧水などをはじいてしまいます

コットンを使う場合

化粧水をコットンにたっぷり付け、、
肌を滑らせるようにしてなじませます。

合わせて、ローションマスクを行うと良いでしょう。
時間がある日(週末など)は、試してみてください。
1.コットン全体がぬれるように化粧水をつけ、
2.薄く4,5枚に裂いて顔全体に貼り、3分程置く。

※コットンが完全に乾いてしまう前に剥がしてください。

コットンを使わない場合

コットンを使わず、手で化粧水をつけるときには、
化粧水を手で温めてから付けましょう。
化粧水をつけた後は1分ほどおいて、
肌に浸透させていきましょう。

化粧水後はクリームや乳液で保湿する

手に美容クリーム

化粧水や美容液でだけでは、
水分の蒸発を招き、時間が経つと乾燥してしまいます。

乳液などで、しっかりと潤いを閉じ込めることが大切です。

クリームや乳液のべたつきが気になる方は、
付けた後にティッシュなどでトントンと、
油分を拭き取ってあげると良いでしょう。

クリームや乳液は、
乾燥しやすいUゾーンには多めに、
皮脂の出やすいTゾーンには少な目に。

また、つけた後は、
5~10分ほど待ってから化粧下地やファンデーションをつけると、
メイクが崩れにくくなります

スキンケアの時短テクニック

忙しい主婦 外国人女性

泡洗顔を拭き取り洗顔に変える

泡洗顔から拭き取り洗顔に変えれば、
大幅に時間を短縮できます。
拭き取り洗顔は、丁寧に拭きとったとしても、
1分程度で済んでしまいます

汚れがちゃんと落ちるか心配かもしれませんが、
拭きとった後のコットンを見れば、
しっかりと汚れが取れていることも分かります。

シートマスクを使う

シートマスクを使えば、
化粧水や乳液を使う時間が省けます。

洗顔後の顔にシートマスクを載せ、
あとは身支度や朝食の準備

10分程度したら外しましょう。

オールインワンタイプの化粧品を使う

オールインワンタイプの化粧品なら、
化粧水と美容液、クリームが一つで済ませられます

最近では、オールインワンタイプのものも、
保湿に優れ、シミしわの予防ができ、
またコスパも良い商品が出てきています。

BBクリームを使う

時間は抑えたいけど、手抜きメイクに見せたくないですよね。
BBクリームを使えば、
化粧下地、ファンデ、コンシーラーの役割を果たしてくれます

肌の色味を均一に整えてナチュラルな仕上がりにしたい方は、
CCクリームを選びましょう。

パウダーファンデーションを使う

パウダーファンデーションを使えば、
化粧下地をした後にブラシを使ってパウダーをさっとのせだけ。
カバー力は弱いので、普段からそれほどカバー力を気にしない人には、
時短として最適
です。

まとめ

朝のスキンケアは実は夜と同じかそれ以上に大切です。
平日は時短テクを使って、週末にはしっかりとお手入れをするなど、
時間の使い方を工夫うしながら、大切な肌のケアを怠らない様にしましょう。